INFORMATION

店長日記 廃車予定の自転車をお直しし、児童養護施設さんあい様に寄付しました。

お知らせ一覧 > 店長日記 > 店長日記 廃車予定の自転車をお直しし、児童養護施設さんあい様に寄付しました。
店長日記
2022.3.29

【店長日記 廃車予定の自転車をお直しし、児童養護施設さんあい様に寄付しました。】

こんにちは!

 

先日、GIANTのESCAPE R3をお求めいただいたお客様から

廃車としてジュニア用自転車をお預かりしました。

とても状態が良かったので、お客様に

「この自転車を直して、登録は抹消して当店名義にして児童養護施設に

寄付してもよろしいでしょうか?」と、お尋ねした所、

「大丈夫ですよ。捨てるよりその方が良いですね。」と、嬉しいお言葉をいただきました。

児童養護施設には自転車に触れないで18歳の卒業を迎えるお子様も

いらっしゃいます。少しでも自転車に幼少期から触れる機会が

出きれば良いなと思います。

早速、綺麗に直してさんあい様に連絡します。

いつもながらいきなりのお話なのですが、柔軟に対応していただき感謝、感謝です。

こうやって廃車から直して新たな持ち主様を結ぶのも

今、良く言われているSDGsに繋がる事もあるかな?と。

自転車はSDGsの親和性は良いと感じます。

個人的にはSDGsの

3.すべての人に健康と福祉を

あらゆる年齢のすべての人の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

12.つくる責任 つかう責任

持続可能な消費と生産パターンを確保する

 

と、この辺りは今回の廃車を直して使える方に提供することに

あたりますし、

広義で見れば・・・

4.質の高い教育をみんなに

7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

8.働きがいも経済成長も

11.住み続けられるまちづくりを

13.気候変動に具体的な対策を

17.パートナーシップで目標を達成しよう

等など、健康にも良く、環境に優しい自転車は色々と

当てはまりそうです。

※私の考えが至らなく、他にもあてはまる事はまだまだあると思います!

 

特に今はコロナ禍から物不足や原材料の高騰の影響で

様々な物が手に入りにくい状況が多いです。

自転車は生活必需品ですし、心身に良い影響を与えるものです。

出来る限り多くの方に触れていただきたいと考えております。

 

当店も数えで8年目の営業に入ります。

長く営業が出来ているのも地域の方々のおかげです。

自転車から地域に貢献できる事をこれからも探してまいります。

 

さんあい様この度も誠にありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。

 

じてんしゃ RINGS

代表

田村 裕貴