INFORMATION

サイクリングシーズン到来とレトロクラシックカスタムをしたパナソニックのクロスバイク

お知らせ一覧 > お知らせ > サイクリングシーズン到来とレトロクラシックカスタムをしたパナソニックのクロスバイク
お知らせ
2019.10.7

こんにちは。

すっかり朝方は涼しくなり、サイクリングに適した

気候となってきたようです。

今年は暑さの残りがまだありますが、やはり夏と違って

同じ25℃でもカラッとした感じは受けますね。

 

10月に入り、毎日自転車をお求めいただき、多数の修理の御依頼

ありがとうございます。

当店も数えで5年目になりますが、新しいご縁が増えて

非常にうれしく思います。

 

さて、最近当店では今年の頭にカスタムした

20年前のパナソニックのクロスバイク レトロカスタム号が

良く、注目されているようです。

この自転車ですね。

元々はこんな感じでした。

塗装も寄居にあるドリーム商會さんにお願いしたり、

性能度外視の雰囲気を前面に出したカスタムをしました。

トータルで20万弱はかかったかな?と。

この砲弾型ライトも普通には着かないので、

金具を加工してキャリパーブレーキに挟んだり、

動力は後輪から取る様にして、ダイナモは日東の金具を使って

逆さ付けにしたり。

スタンド金具もフレームのクリアランスが無いから

削りを入れました。

リバースブレーキレバーもハンドル径に合わなかったので、

削りを入れて加工して取り付けたりと、

様々な工夫をして産まれた一台です。

終わってみたらかかった金額も行っていたな、と感じます。

走行性能とかは度外視で、雰囲気を楽しむと言った事も

自転車の楽しみの一つだと考えます。

 

合理的に考えたら20万をかけて走行性能が上がったわけでは

ないのであれば、105の着いたフルカーボンロードを買った方が

良い、となりますからね。

 

しかし、たまには非合理におしゃれを楽しむのもまた一興だと

考えております。