INFORMATION

700Cから650Bにホイール変更 by深谷の自転車屋さん

お知らせ一覧 > お知らせ > 700Cから650Bにホイール変更 by深谷の自転車屋さん
お知らせ
2019.4.15

こんにちは。

手組ホイールの依頼を承りました。

ディスクブレーキのロードに乗られている女性のお客様なんですが、

現在の700Cから650Bへの小径化を提案させていただきました。

※カスタム前

※カスタム後

小さいホイールは動力に対しての反応も早くなりますし、

登りでの使用が多い方なので、小径化のメリットはあると考えられます。

コーナリングも旋回も安定します。

爪先も前輪に干渉しづらくなると言う事もありますね。

重量以上に軽さを感じる事が出来るかと思われます。

また、フレームのクリアランスが広い方にホイールの直径が寄るので、

やや太めのタイヤも入り着脱しやすいと言う事も考えられますね。

タイヤはコンチネンタルのグランプリ5000 25Cです。

※28Cは全然入る感じでした。

ディスクブレーキだとブレーキキャリパーのアーチの長さを考えないで良いので、

こういったカスタムが可能となります。

一漕ぎで進む距離は短くなるので、ギヤ比は精査する必要があるかとは思われますが、

ここは乗りながらまた決めていきましょうね。

155㎝以下の方は700Cホイールは大きいのかもしれませんね。

もちろん、手足の長さやFTPやそれこそ好みで一概には言えないのですが。

小さいフレームに併せてホイールも小径化出来る。

ディスクブレーキはスルーアクスルによる安定化やフォークエンド強化による

推進力の増加、フレーム設計の自由度による

タイヤを太くして乗り心地の調整だけでなく、

小径化の選択と言うチョイスもありそうです。

余談ですが、11速だと本当にホイールが組みづらいですね・・・。

左右のテンション差の是正にかなり苦労します。

ワイドフランジハブやオフセットリムや左右でクロスの数を変えるなど、

色々と考えてみましたが、

今回の組合せでは出先での補修のしやすさを踏まえて、

3クロスのフロント逆イタリアン、リアJIS組です。

この組合せだとフロントのスポークもリアのスポークも270~272㎜でおさまり、

こうなると26インチのオートライト車輪が大体271~273㎜ですから、

一般車を扱っている自転車屋さんでも補修スポークを在庫している可能性があり、

旅先等でトラブルに対応しやすくなるかな?と考えております。

※スポークカラーは鉄色になるかもしれませんけどね。

ワンポイントでニップルはブルーカラーを入れておきました。

ブルーをお好みの方でしたので。

御依頼ありがとうございました。

楽しい自転車ライフがある事を祈念致します。